---ウメログ---

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さいけど大きな一歩!

<<   作成日時 : 2007/05/19 08:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

うちのサイトへ頂いたメールでこんなニュースがあると教えて頂きました。

保健所が捕獲した犬、殺さずに飼い主見つけて 厚生労働省が指導
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/52072/
(↑頭にhをつけてとんで下さい〜)


(受け取るまでにタイムラグがあるので反応遅くってゴメンなさい;)
そして教えて下さってありがとうございます。
この記事読んで嬉しくて涙が出ました^^;

やっと、やっとこういう動きになってきましたね!
感慨深いというか、ようやく分かってもらえたのかと。

動物を捨てる人には、現在罪悪感がないのです。自分が処罰されたりしないし。
いらなくなったら(私にはここがもう分からんのですが)始末してくれる国の機関があるんだからと正当化されてるような。
むしろ捨てると言う行為を責める人間が疎ましく思われてるのが今の日本なので。(私も昔からずっと言ってきている側なのでこういう事言う人間がどういう目で見られるか良く分かってます^^; ハレモノヘンジン扱いだよねーーーー(笑))
こっちから言わせればどうして命を粗末に出来るのか、それを見過ごさなきゃいけないのか全く理解不能なんですが…。まぁお金の為に人も殺せる人間がいる世の中ですからなぁ、、、動物なんてもっと軽いもんなんでしょうなぁ〜。。。
ちょっと話それますが
私は父が死んだ時『保険金もらってくれ』って言われましたけど断固断ったんですよ。
そんなもんもらっても父はもういないんだからいならい!って。妹も同じ意見で。
だけど周囲に『お前が受け取らないとそのお金はなしになるから(子供しか受け取る権利ないんです)、それじゃあ父が世話になった人達にお礼が出来ないでしょう?』と説得されて、、、それで受け取った訳ですが
その時心の底から思いましたね。
世の中には貰っても嬉しくないお金、使いたくないお金ってのがあるんだ…、と。
どれも同じ諭吉さんなんですけどね^^;
妹もおんなじ気持ちみたいで、もう二人で残ったお金の押し付け合いでしたよ^^;;;
そんな訳で母のお葬式代全てそこから出させて頂きました☆ うわはー^^;
だから私は、人の命と引き換えに得るお金を使える人間ってのも分からんのです。
結局、命に金額なんてつけられないしねぇ。

話元に戻して、
「わー太」に出てくる“偽名を使って病院に動物捨てて行く人”がいるのも事実、
私が勤めていた動物病院に朝出勤したら子猫なんかが捨てられていたのだって一度や二度じゃないし、
獣医の大学通ってる時だってしょっちゅう大学の前に犬なんかが置き去りに(電柱とかに繋いである)されてました。
……ぶっちゃけ、こういう事する人間は死ねと思いますよ。いやマジで。
なんで平然とのうのうと暮らしていけるんだろう。
それで何ですか?たまに捨てた事思い出して泣いてみせて、罪悪感でもある振りして自分に酔うんですかね?・・・・・・・反吐が出ますね^^^

私は子供の頃、保健所の人が来て目の前で団地に住み着いていた犬を捕まえられてから、
「こんな制度ぶっこわしてやる!!」と思って生きて来ました。
そして犬捕獲をしている人間が獣医師だと知った時ものすごくショックでした。
この辺も全部「わー太」に出てますが^^;
(今見返すと作中はどうしても思いが先走ってしまって中々“みせる”って事が出来てないと思います…すみません× タガが外れたみたいになってますよね^^;;; うわーっと言うだけじゃ関心ない人には逆効果だと分かっているのですが、、、止まらんかった・・・;;
こういうの言う側の人間も、あまりに「うちら善!おまえら悪!」みたいな言い方しちゃ危ない人っぽくなるですもんね…そうなったら話聞いてもらえないって分かってはいるのですがーううむ、うまい表現の仕方が出来てない気がします;)

でも大きくなって世の中の動物事情を知るにつれ
「こんな制度ぶっこわしてやる!!」ってのが間違ってない、と思ったんです。
ぶっこわしてないの、日本位なんで。
他の国はそういうの、もうやめちゃってるんです。つまり、制度を変えられたんですよ。
だから日本も出来ると思うんですよねー。

今回の記事は日本がいい方向に動いているってのが分かるとても嬉しい内容でした。
将来、「わー太」読んだ人が
“日本にこんな時代があったんだー”って思ってくれる世の中になってるといいなぁ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク


「ガウガウわー太イラストブック」絶版マンガ図書館で無料公開中!
小さいけど大きな一歩! ---ウメログ---/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる