---ウメログ---

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔の少女漫画で

<<   作成日時 : 2010/06/26 16:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

私が大好きな漫画家のひとりに
曽祢まさこ先生がいます。
中でも「不思議の国の千一夜」はコミックス3巻まで台詞や効果音など全部ソラで言えた程でした。
まぁ馬好きの梅川にとってヘンデクがとにかくたまらないのですよん*><*
現在で言うとツンデレ馬?(笑)


その先生のある作品に

“しなることを知らない枝は
強い風にあおられたら 折れるしかないんだよ”

っていう台詞がありまして読んだ当時小学生ながらとても考えさせられたものでした。
今もこうやって覚えている訳で、いろんな経験してくると更に深い言葉になるんですよね。


昔の少女漫画を見返すととても文学的な気がします。
今の少女漫画にこういう台詞って出てくるだろうか。
いや、出しても説教くさいって思われちゃうのかなぁー。
時代なんだろうけど。


最近は漫画のコマを読む順番が分からない子供が増えていると聞きます。
とても残念な話です。。。

私もはじめ漫画を見た時は順番が分からなかったけど
目で追っていくうちに覚えたものでした。
まぁ、、、今の人はそこまでして漫画読まなくてもいろいろ面白いものがあるもんね^^;
ボタン押すだけで次の話が表示されるんだし;
時代だなー。


それでも漫画読んでくれる人が増えるようにの気持ちを込めて描いていこうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク


「ガウガウわー太イラストブック」絶版マンガ図書館で無料公開中!
昔の少女漫画で ---ウメログ---/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる