今でも嘘だと思いたい

今朝Twitterを見たら和田慎二先生が亡くなられたという話になっていて
公に知らせが出るまではブログに書くのを控えていたんですが
(というより間違いであって欲しいと思ってた)

本当なんですね。。。。。。。。。


ショックというか、ぼーぜんとしてます。


和田慎二先生を知ったのは「超少女明日香」を小学生の時、友達が貸してくれたのがきっかけでした。
ものすごい衝撃を受け、ハラハラしながら夢中で読んだものです。
以来いろいろな作品を読ませていただいてましたし
未だにあの線のトーンは“神さんトーン”と呼んでしまいます^^;

「コミックフラッパー」で私が読切シリーズを掲載させてもらっていた時には
和田先生が気に入って下さっている、というようなお話を編集部からきいて幸せだったりしました。
(同作品は竹本泉先生も「何でこれ連載にしないの?」と編集部に言って下さったそうで、本当に涙が出るほど、実際出た(笑)嬉しかったのです)


ちょっと動揺してて友達にメール打つのもミスだらけになったりしてます;
あああーー、もう、悔しいとしか;;